FC2ブログ

それぞれの思い…そして願い

カップ戦
03 /16 2021
土日の2日間、一宮市内でミニバスケットボールフェスティバルが行われました。
男女での開催であり、普段男子の試合をじっくり観ることがないため、どんな感じかなと思ってましたがとても楽しかったし面白かった!
小学生とはいえ、身体能力やテクニックの高さに驚きました。どんどんレベルが上がっている気がします。将来が楽しみですね!

さて、うちのチームはいい時と乗りきれない時と波がまだあるかな。
本当に声を出して出来るようになってきたと思う。あとは継続すること。ここまで来たらやるしかない!
出来るのにやらないのはかなり悔いが残る。
緊張して力が出せずに終わるのも悔いが残る。
悔いが残らずやりきることは難しかもしれない。
緊張するような試合が出来ることはとてもいいことだよ。そんな試合のコートに立ってプレー出来るなんて外から見たらとても羨ましい。だから、そうやって思ったら楽しくなってくるんじゃないかな。

あと2つ。

とにかく、全力で楽しくやっている姿が観たい!
コーチが大声出すことなく、試合が出来ることを本当に願ってますよ!


今大会において、たくさんの方、普段なかなかお会いできない方と話ができとても良かったです。
人と人との繋がりはやっぱり大切だし、たくさん元気をもらいました。
改めて感謝したいと思います。
子供達もバスケを通じてたくさんの繋がりができていることでしょう。そして、いつかどこかで必ずプラスになる時が来ると思う。

そのときに、“バスケやってて良かったなー”って思ってくれたら最高ですね!

あっという間にあと1ヶ月

カップ戦
03 /04 2021
1ヶ月以上ぶりのカップ戦。
そして、いつもとは違う特別ルール。試合勘が戻らない部分があるかもしれないが、モチベーションとしては“試合がしたい”って気持ちがとても強くなって元気にやるんじゃないかと期待してましたが…なかなか難しいです。
結局、4Qになってやっとエンジンがかかった感じでしたがすでに遅い。
やれるのに、最初からやれないのは本当にもったいない。

一番の原因はディフェンス。
1線の寄りが遅い。特に2線のポジションが下がりすぎてボールマンばかりを意識しすぎ、結果ゾーンのように動かない。指を指していればいいわけでなく、自分のマークマンは自分で守るのが基本なんだからそこはきちんと意識してほしい。
3線のポジションも同様である。動かないディフェンスは試合がつまらなくなってしまうので、次回はそこをきちんと修正していこう。

ここまで来ると気持ちが占める割合がとても高くなってくる。
出来る力を出せない時ほど、“あの時やっておけば良かった”と思う。ゲームじゃないからリセットして最初からやり直すなんて事は出来ません。
いつも思うけど、まずはその時その時の全力でやっているか、やろうとしているかじゃないかな。

このメンバー、このチームでやれるのもあとわずか。
そして、コーチも君達とバスケが出来るのもあとわずか。必死にボールを追いかける姿、果敢に立ち向かう姿をもっとみたい!
そして喜びを分かち合いたい!

Tさん、父兄の皆さん、ありがとうございました。いつも素晴らしいおもてなしをして頂きとても楽しく過ごさせてもらいました。
もっとドキドキする試合を今度はしたいと思います。

自分にできること

カップ戦
01 /19 2021
10日、今年度開催できるかどうか模索してましたが、何とか自チームのカップ戦が開催することが出来ました。しかし、例年とは違い参加数を減らしての開催でしたので、声を掛けれなかったチームには本当に申し訳なく思います。

年も変わり、いよいよ6年生もラストスパート。
今年度は、スタートダッシュは遅れたけど、終わりは変わらないためいつもの感覚とのズレに苦労してます。
でも、何とか形になってきたかな。
少しずつ、自分達で考えてやる意識、最後まであきらめない気持ちは出てきたと思います。
あとは、相手が誰でも常に戦う気持ちを持ってやってほしい。まずは自分との戦いに勝たないといけません。勝負の結果でなく内容で納得できる試合を期待してます!

参加頂いたチームの皆さん、色々とご協力頂きありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

そして翌日。
続けて試合が出来るということは、反省をすぐに修正できとてもいい。

相変わらず寒く、しかも第1試合。アップがとても重要になってくる。自分のプレーをやるには色々な準備が必要である。準備がきちんとできればそれが自信となり力が出やすい。そういう意味では、とても良かったのではないかな。

そして2試合目。
前日の決勝での相手。どう戦うか、全力でぶつかることができるか…。前日とは違い、果敢に挑んでいる姿が見れてホッとしました。"やればできる"これが継続出来ると気持ちも強くなれると思います。

3試合目。
接戦で負けてしまいました。相手を知ること、バスケを知ること。相手のプレーに対してのプレーの仕方、点差、残り時間で何をするのか、誰がゴールを狙うのか等の判断が必要で、そういうことを学べるいい機会ではなかったかな。

開催されたKコーチ、スタッフの皆さん、父兄の皆さんありがとうございました。6年生も残りわずか。お互いやれるだけ頑張っていきましょう!


そして、非常事態宣言となってしまいました。開催できたことがほんとラッキーと思いますが、これが最後になってしまうのだろうか…。
この状況に関して自分で変えることはできない。悲観的に思うことは何も生みません。気持ちを切り替えて、自分が出来ることをやろう。ここできちんと準備しておくことがこの先重要だと思います。


「どんな環境であれ、目の前のことに対して百パーセントできるか。環境がよかろうと、悪かろうと、目の前のことに対してしっかりコミットできるかどうかが、将来を切り開けるか切り開けないかに直結してくると思う」
ラグビーの五郎丸選手が講演で語った言葉です。


ということで、自分も心身ともに鍛え直すかー!

それぞれの思い

カップ戦
12 /24 2020
今シーズン最大の寒波。週末も寒かった😵
特にコロナ対策もあり、換気のなかでの試合でしたので、体感温度はもっと寒かったけど、それでも試合が出来るだけ本当にありがたかったです。

初日は予選リーグ。アップをきちんとしていたのか、最初から足が動いていたと思います。それでも、キャッチミスがあったりボールが手につかないことがあったので修正するところです。人数制限のなか、一部のメンバーでの参加で寂しい部分もありましたが、元気にやっていたと思います。
2日目は予選の結果、場所が変わり多少寒さは和らいだ気がしましたが、特にこの時期のアップ、準備は大切です。この日はミスが多く、何が要因か分かりませんがスッキリしない試合でした。
3試合目はディフェンスがこの日のなかでは反応が良く、流れを自分達に持ってくることができたと思います。

ミスは誰にでも起こります。ミスしたあとどうするかが問題で、違うプレーで取り返すとか、周りが声を掛けてあげるとか色々あると思います。そのなかでも周りが声を掛けてあげることはとても大事だと思う。チームでやるんだから、誰か一人に頼るのではなく、誰か一人のせいでもなく、皆で解決していくことが出来たらまた一ついいチームになるんじゃないかな。


ある父兄さんが、うちのチームの皆(保護者も含め)にメッセージをくれました。うちが目指しているものを凄く分かりやすく、そして熱く(笑)語ってくれてました。
今までやってきたことに対して、不安を感じたり、悩んだりすることもありましたが、理解してくれる人は必ずいるんだなと思い、ほっとしたというか嬉しく思いました。
それぞれの立場での思い、感じ方など違うこともありますが、根底の思いが同じであれば子供にも同じ思いでアプローチすることができ、お互いが一緒に熱くなれて成長することができると思います。
まだまだ、チームとしてたくさん成長できると思います。残り3ヶ月。思いやりを持って進んでいこう!

Kさん、K監督、Iさん、スタッフの皆さん、父兄の皆さん、いつもありがとうございます!今年はこれで試合が最後となりました。来年も交流会ができるように…そして早くいつもの日常に戻れることを願いたいと思います!

いかに対応するか

カップ戦
12 /15 2020
いよいよ例年通りの冬が来そうな気候。
そして久しぶり体育館。どんなけぶりに来たかな。
今回も第1試合からでした。準備をきちんとしないとボールも手がつかなくなる時期。
アップがとても大切になってきます。当然毎回そうなんですが、特に寒くなると体の可動域も狭くなり、寒さで筋肉が緊張し硬い状態になりやすいので怪我の原因にもなります。

前日に比べて全体的に雰囲気は良かったかな。特別ルールへの対応がなかなか出来なかった。ドリブル無しの練習はしているんだけど、パスランもやっていたと思うけど、何か別物のように動きができない。
あと、エンドからのフォーメーションも自分達で考えてやったことはいいけど、まとまり無くグダグダ。やるならやるで声を掛けてやらないと意味がありません。

色々な相手の戦い方がある。それによって自分達の戦い方も変化させないといけないこともあり、試合で突然やったことのない指示を出すこともあります。その時に、自分でどれだけ理解してやろうとするか。すぐに出きるとは思っていません。ただ、なぜそれをやるのかを理解しないといつも通りになってしまいます。また、個々で自分の役割があります。それも理解しないといけません。
今シュートを打つところなのか、ドライブにいくのか、味方が何をしたいのかなど。
とにかく、いつもみんなで話をしてほしい。ベンチでもコートでも観覧席でも。自分達で何とかしようとする気持ちが出てくることを期待したい。

あとはスペースを考えること。どうしても、スリーポイントラインの中でバスケットをしてしまう。相手も入れたら10人がその中にいたら渋滞して何もできない。
常に1歩引いた状態でプレー出来ると周りが見れるようになって気持ちに余裕が出るのではないかな。
状況判断はきちんと慌てず、プレーは早く出来るようになるといいですね。

今回開催して頂いたTコーチ、関係者の皆さん、ありがとうございました。

このぶのおのぶ

名前:小信ミニバスケットボールクラブ & Cool Bee(ジュニア)

活動場所:愛知県一宮市

種目:ミニバスケットボール,ジュニアバスケットボール

性別:小学校1~6年生女子(小信ミニ)
   中学生1~3年生女子(Cool Bee)

募集:バスケがやりたい子、
バスケが好きな子、小・中学校問わず随時部員募集中です。お気軽に問い合わせください。